ビデオ・DVDの撮影・編集・ダビング・コピー・オーサリングの映像制作会社 東京・世田谷

運動会の撮り方ポイントを伝授

運動会の撮り方ポイントを伝授

運動会騎馬戦運動会で「これだけは注意したいビデオカメラ撮影のポイント」をご紹介しましょう! よくある話で、運動会は何かと忙しく駆け回り、終わってみれば 「大事な場面で我が子が撮れてなかった」という失敗が一番にくやしいですね。

運動会撮影いたします。最少人数45名様、お一人様あたり3200円より

そのためには、まず準備が大切です

ビデオカメラ

前日にテスト操作をして故障などの確認を

バッテリー

予備を含め多めに持ってゆきましょう。

記録用テープ

最近はBD/DVD・SDカードの場合が多い

以上3点はひとつでも忘れたら撮影できません。

プログラム冊子

お子様の出番にはしっかり赤丸印を

三脚または一脚

しっかりとした映像が撮影できる武器

その他に遠くになったお子さんを撮影するときに 「テレコンバージョン」があると便利です。

注意したいカメラの撮り方

見ているだけで酔ってしまうような撮り方は避けましょう

ズームをやたらと多くしたり、横にぐるぐると(パーン) 振り回しすぎないこと。

我が子のアップシーンはよくよく考えて撮りましょう

子供たちはいつどこへ駆けて行くか予想がつきません。 フレームアウトになりやすく、無駄なシーンが多くなります。

逆光に気を配りましょう

お子さんを正面から撮りたい気持ちは理解できますが 太陽の真向かいでカメラ撮影すると お子さんの顔が真っ黒になってしまいます。

我が子だけが映った映像はつまらないです

運動会玉入れ競技どの場面でも基本の撮り方は同じです。 ひとつは、ワイドに引いて全体状況を見せます。 もうひとつは、アップして強調します。 ワイドばかりとか、アップだけの偏った撮影にならないように注意しましょう。

自宅を出るところから撮影してみよう
自宅から出かけるまでのシーンは貴重な素材になります。 またカメラの機器チェックと練習にもなります。 すぐに再生してビューファー画面で確認してください。
運動会の開催年月日を記録しよう
正門に立てかけてある看板「○○幼稚園運動会」を撮影すれば開催年が必ずわかります。
開会式、閉会式をビデオ撮影しよう
自分の子供だけでなく、お友達、担任の先生、校長先生を 10秒以上固定した映像があると記念映像らしくなります。
競技プログラムのビデオ撮影のコツ
徒競走ならスタート位置とゴール位置を、 表現種目は我が子の位置を予め確認してください。 努力して最高のカメラポジションを確保できれば ほぼ運動会のビデオ撮影は成功です。
生中継のように得点盤をときどきビデオ撮影
10秒間固定して撮影しましょう。
時間に余裕があったら運動会の雰囲気をビデオ撮影
こんなシーンがあれば記憶に残る映像となります。 お昼のお弁当シーン、応援団、入退場門、放送ブース、旗等。

ブルーレイディスクの再生に関する注意事項

弊社では納品前にディスクの再生テストをしておりますが、 再生できない機器もございます。 この現象は機器とブルーレイディスクの相性によるものであり、 ディスクの不良ではありません。 ご理解、ご了承のほどよろしくお願い致します。

運動会撮影いたします。最少人数45名様、お一人様あたり3200円より

お電話でもお気軽にお問い合わせください

セミナー撮影を始め、企業PRビデオから商品PRビデオ、発表会、講演会、その他、ライブ演奏撮影、プロモーションVTRまで、まずは、何でもご相談ください。

お見積もり(無料)をいたします。